あなたは、二十四節気を知っていますか?今回は、かねてから伝わるアイディアをご紹介します。

 一年中、猛暑が続いていますよね。条件を崩し気味の人も多いと思います。私も胃の様相がすぐれません。ただ、こういう暑さが始終貫くわけではありません。本当は、秋は間もなくなのです。  みなさんは、二十四節気をご存知でしょうか。二十四節気は、春夏秋冬の自分を、再度6つに分けた24にわたりを表す冠だ。古代中国で発達し、日本に伝えられました。因みに、二十四節気では、1時世で至高暑い時分を「大暑」(7月22日光)と言います。  そうして8月7日光が「立秋」だ。暦の上では、ここからが秋だ。昼の暑さはまだ強いのですが、朝方や夕暮れの特有を涼しく聞こえるご時世だ。  立秋の次は、「処暑」(8月23日光)だ。暑さが落ち着くご時世と言われています。朝晩はかなり気温が下がってくる。うっかり薄着で寝てしまうと、感冒をひいて仕舞うのもこういう時分だ。  「処暑」の次の節気は、「白露」(9月7日光)だ。夜の温度が一気に下がり、朝方、草葉に水滴が宿る時分だ。  そうして9月22日光が「秋分」だ。この日が「彼岸の中日」になります。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる日光だ。個人的には、ここまでが夏場という分別だ。  二十四節気は、郵便やはがきで、会釈を書くところ参考になりますが、それだけではありません。たとえば、ボクは在宅菜園をやっているのですが、秋野菜の材質を蒔くのは「立秋」の日光だ。冷房のセッティング気温や消耗時間も、大暑、立秋、処暑、白露という過ぎ行く過程で、変容させている。  二十四節気は、月日を決める際にも利用されている。勉学の夏休みは、「大暑」(7月22通常)から始まります。夏場の甲子園は「立秋」(8月7通常)に開幕ですよね。   夏場の暑さも、延々と貫くというって気持ちが萎えてしまう。ただし、二十四節気などを参考にしながら、暑さも徐々に和らいでいくと思うと、感情も余程楽になりますよね。夏場を暮らす上で、参考にしていただければ幸いです。クレナフィンの通販はこちら